薮内歯科・矯正歯科のページにようこそ

薮内歯科・矯正歯科
倉敷の歯科、審美、矯正、ホワイトニング。


ホーム
矯正治療について
見えない矯正
ホワイトニング
口呼吸の危険性
乳酸菌で虫歯予防
プレママとお母さん教室
自費治療料金のご案内

プレママとお母さん教室

妊娠中にお口の中をきれいにしていないと・・・大きな影響が!
最近、歯周病が妊娠に大きな影響を与えるということがわかってきました。
歯周病が悪化すると妊娠維持期間が短縮し、切迫流産や早産を引き起こすとの事です。
そこで妊娠前及び妊娠期における歯周病の危険性とその予防、
歯周病罹患のチェックや適切な衛生指導、早期治療が必要であると言われています。

妊娠中の歯を取りまく環境は・・・結構過酷!
妊娠されると、大抵の方が「つわり」を経験されます。
「つわり」の時期には歯磨きがなかなか出来ないため、
歯肉が腫れ易くなり、症状が悪化すると血や膿が出るようになります。
つわりで歯磨きが十分にできない、間食の回数が増えて食事が不規則になる妊婦さんが多いようです。
また、妊娠すると、女性ホルモンが増加し、歯周病菌が繁殖したり、
唾液が減って口が乾きやすくなるなど、むし歯や歯周病が進行しやすい環境になるといわれています。

プレママ(妊婦さん)の時期にお口の中をきれいにしておくと
プレママの時期にお口の中をきれいな環境に保っておくと、
生まれてきたお子さんのお口の中のむし歯菌の数があまり増えなかったという報告もあります。
逆に、プレママの時期にお口の中をきれいに保つ事が出来なかった方は、
生まれてすぐお子さんのお口の中のむし歯菌の数が増えたとの事です。

赤ちゃんにむし歯菌を感染させないで!
むし歯の主な原因であるむし歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しません。
生後1歳7か月頃から2歳7ヶ月頃の時期に大人から感染すると言われています。
むし歯菌が赤ちゃんに感染する際にお母さんから感染する割合が80%と高くなっています。
これは、お父さんよりお母さんがお子さんと緊密なスキンシップを行っているからだと言われています。
お母さんの口の中にむし歯菌が多いほど、たとえば同じスプーンを使った時やふーふー吹いて冷ます時に、
唾液を介して感染してしまう確率が高くなるというわけです。
お母さんのむし歯菌を減らすことが、お子さんのむし歯予防にもつながります。
もちろんお父様からも同様に感染しますので家族の協力も必要です。

最近、ロイテリ菌と呼ばれる乳酸菌に注目が集まっています。
ロイテリ菌は、人間をはじめとする哺乳類の体内で発見されました。
特に女性の母乳の中や赤ちゃんのおなかの中に多く認められます。
赤ちゃんが高い免疫力を持っているのは出世後お母さんから母乳を通して与えられる、
ロイテリ菌のお陰ともいわれています。さらにロイテリ菌は、
むし歯菌(Sミュータンス菌)に対して殺菌効果があることが認められました。
ロイテリ菌のタブレットを噛んで、むし歯菌を減らしましょう。
ロイテリ菌のタブレットは当医院でもご購入いただけますので、ご気軽にスタッフにお問い合わせください。

妊娠中に歯の治療をしても大丈夫?
妊婦さん(プレママ)が歯の治療を受けられる時期は安定期の5ヶ月頃から9ヶ月頃までならまず大丈夫だと言われています。
出産間近まで通ってくる方もいらっしゃいます。
ただ、お薬、レントゲンなどで制約を受けるので出産後にもう一度お口の中をチェックする必要があるでしょう。
歯が痛くないのに歯医者に行くのは……と考える方もいらっしゃいますが、歯の汚れを除去するだけでもお気軽にご来院ください。
お待ちしています。

【ご予約はお電話でお願いします】 
086-425-7110



(C) 2011 薮内歯科・矯正歯科 design by TempNate